血管を守る食品や栄養成分

血管が血液で詰まる!?血栓症の原因と自覚症状

血栓症は怖い症状だという事をご存じでしょうか?放っておくと、血栓症が大きな病気へと繋がっていく事があります。血栓症を知って、対策を取る事をお勧めします。

血栓症とは

人間の体には血管がありますが、血管の中に血液の塊ができてしまい、血液の流れを止めることを血栓症と言います。血栓が脳にできれば脳梗塞、心臓にできれば心筋梗塞という有名な病気となるのです。

 

血栓症になると出る自覚症状

 

足のむくみや腫れ

深部静脈血栓症という症状になると、足に血栓が溜まった状態になります。この場合、あまり痛みが出にくいのですが、太ももやふくらはぎがむくんでくることがあります。腫れているように感じることもありますし、赤くなることもあります。もちろん痛みを感じる人もいますので、個人差はあります。

 

足のかゆみや変色

足に血栓ができると、心臓に血液が送られなくなるので足がかゆくなったり、変色したりします。軽くなにかにぶつかっただけでも、すぐに傷が出来てしまうこともあります。

 

呼吸が苦しい

深部静脈血栓症になってしまい、そのまま肺塞栓症が出た場合には血栓が小さければ自覚症状がないこともあります。血栓が大きくなっていたら、肺動脈が塞がれるので呼吸が苦しくなってしまい、最終的には呼吸困難に陥る可能性があります。

 

失神や発作

肺塞栓症が引き起こされると、血栓が大きい場合には窒息状態になり、失神することがあります。ショックを受けることで、発作が起こり動悸や息切れ、冷や汗や不安感が襲ってくることもあります。

 

血栓症の原因

長い時間同じ姿勢で座っていると、下肢が圧迫されるので血栓が出来やすくなります。そして血栓症が引き起こされるのです。

 

飛行機に長時間座っている、デスクワークで同じ姿勢で座っているなどの様々な環境で、様々な人達が血栓症になる可能性があります。

 

マッサージをするのがポイント

血栓症はマッサージをして、足の血流を促進させることで、予防することができます。長時間同じ姿勢でいることがあるのならば、定期的に足のマッサージをするようにしましょう。

 

マッサージがあまりできない場所であれば、足を軽く動かすなどして、とにかくじっとしている時間を減らすことが重要です。

 

コレステロールや血行不良など40代以降のトラブルに大豆レシチンが有効

大豆レシチンというのは、不飽和脂肪酸によって、コレステロールを抑制することができます。様々な病気の原因をカットしてくれるので、健康的な生活には欠かせないとも言われています。

 

大豆レシチンが不足してくると、体は疲れやすくなりますし、頭痛などを感じることもあります。ですから、大豆レシチンが不足しないように、毎日の食事などで取り入れていく必要があります。

 

大豆レシチンの効果

血行促進

大豆レシチンによって血行を促進させることができます。血管の中に張り付くコレステロールも減少させることができるので、血液の健康をキープするのにとても効果的だと考えられます。

 

ダイエット効果

コレステロール値が正常になるので、ダイエットにも効果が期待できます。コレステロールなどで血液が不健康になると、体には脂肪が蓄積されやすくなります。しかし、大豆レシチンによって血管を健康に保つ事が出来るので、脂肪の蓄積などを予防することができます。結果的に、ダイエット効果があるという事になるのです。

 

大豆レシチンの副作用や摂取量など

副作用

医薬品ではないので、副作用と呼べるのかという問題がありますが、摂取しすぎてしまうと、悪い症状が出てしまうことがあります。大豆にアレルギーがある人は、アレルギー症状が出ます。
体調が悪い時に摂取すると、嘔吐や下痢などを引き起こす場合もあります。

 

摂取量

大豆レシチンは1日に3000〜6000rの摂取が理想だとされています。現在では1日に1000r程度が平均摂取量となっているので、とても足りていない状態です。

 

摂取方法

大豆レシチンが多く含まれている食品を摂取する事で、食事から健康的に摂取することができます。大豆、穀類、ごま油、うなぎ、卵黄、小魚などに含まれていますので、摂取してみてください。

 

食品だけでは1日の摂取量に届かないという場合には、サプリメントで補うこともできますので、活用してみてください。ただ、サプリメントだけで摂取量を賄おうとするのは、健康上問題がありますのでやめましょう。

血管年齢が実年齢よりも大幅に高い人が増えています。血管年齢が高いと、血管の老化が進んでいるという事になります。一体どういった影響が現れるのか?血管年齢について、解説していきたいと思います。

血管年齢が高い時の体への影響

乾燥肌になる

血管年齢が高いということは、血管が老化しているということです。肌が乾燥してしまうので、シワが増えていきます。血管年齢と肌の見た目年齢が比例してしまうのは、こういったところに原因があるのでしょう。

 

動脈硬化

血管年齢が高くなると、血管が硬くなってしまうので動脈硬化を引き起こしやすくなります。動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪などが血管に溜まっていくことで、さらに症状が出やすくなります。

 

血管の状態が悪化する

血管の状態が悪化してしまうので、血栓が出来やすくなってしまいます。心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性も高くなります。血管がもろくなってしまうので、様々な病気の大元となってしまう可能性があります。

日本人の死因順位をご存じでしょうか?一体日本人はどんな死因がトップを占めているのか?そこから見てとれる現代社会の状況などもあるでしょう。それでは日本人の死因順位を発表したいと思います。

 

日本人の死因順位

  • 1位 悪性新生物(ガン)
  • 2位 心疾患
  • 3位 脳血管疾患
  • 4位 肺炎
  • 5位 不慮の事故
  • 6位 老衰
  • 7位 自殺
  • 8位 腎不全
  • 9位 肝疾患
  • 10位 慢性閉塞性肺疾患

 

どうでしょうか?予想していた死因と合いましたか?

 

死因1位のガンは圧倒的

実は死因1位のガンというのは、全体の30%を占めており、ダントツでトップになっているのが現状です。こういった結果をみると、ガンがどれだけ多くの人に襲い掛かっているのかが分かります。

 

ちなみにガンの中でも、どのガンが死亡数が多いのかご紹介しましょう。

 

  • 1位 肺がん
  • 2位 胃ガン
  • 3位 大腸ガン

(男女合わせた結果です)

普通の大豆ではない、発芽大豆が注目されています。NHKなどで紹介されたこともあり、多くの人が発芽大豆を求めるようになりました。発芽大豆は大豆と何が違うのでしょうか。発芽大豆の魅力について、ご紹介したいと思います。

 

発芽大豆とは

通常の大豆は発芽をしていない状態です、発芽大豆はその名の通り、発芽させた大豆のことを言います。発芽をすると、とても強い生命力が生まれますので、栄養価や味が格段上がるという魅了があるのです。

 

味も美味しくなっていますし、栄養価も高くなっています。さらにタンパク質の吸収率がアップしているので、いいことづくしの大豆なのです。

 

  • うまみ成分のグルタミン酸が水煮大豆の4倍
  • 血圧上昇抑制効果のあるギャバが水煮大豆の11倍
  • 妊娠前や妊娠中にとても良い葉酸が水煮大豆の1.6倍

 

タンパク質の吸収について

 

なぜ発芽大豆は水煮大豆と比較して、タンパク質の吸収が良いのか?それは発芽することで、大豆のタンパク質がペプチドやアミノ酸などに分解されていくので、腸の壁からどんどん吸収されるからです。

いま話題の大豆ダイエットですが、本当に効果があるのか?大豆ダイエットの効果を徹底的に調べてみました!

 

気になる大豆ダイエットの効果

代謝機能の向上

大豆には大豆たんぱく質とビタミンB群、大豆イソフラボンなどが含まれています。これらの成分は、糖質と脂質をエネルギーに変換する作用があるので、代謝機能を向上させることが可能となります。食べ物を効率的に消費する事ができますし、運動をしたら脂肪の燃焼がパワーアップするようになります。

 

肥満への作用

腸内でブドウ糖と脂肪が結合するのを、大豆に含まれているサポニンが邪魔をしてくれます。脂肪が体内で蓄積されるのを、予防することができるので肥満への作用もあると考えていいでしょう。

 

腸内環境からダイエット

大豆には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の解消に効果があります。そして腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減少させることで、腸内環境を良好なものにすることができます。腸が元気であれば、代謝機能もアップしますので、ダイエットにとても良い体環境が整います。

急に大量の汗がでてきて、のぼせたようになるコトはありませんか?もしかしたら、ホットフラッシュの可能性があります。更年期に起こりやすい症状なので、もしかしたらと思っている女性は、ホットフラッシュを知ってもらいたいと思います。

 

ホットフラッシュについて

季節は関係なく、どんな場面でも関係なく急に汗が噴き出してくることがあります。特に上半身や顔がびしょびしょになってしまい、背中まで汗だくになることがあります。頭に血が上っている感覚になり、顔が真っ赤になってしまう症状もあるので、一緒にいた人がびっくりしてしまう事もあるのです。

 

なぜ起こるのか

ホットフラッシュが起こる原因は、血管が収縮や拡張をする為に、指令を出してコントロールする自律神経が乱れているところにあると考えられます。

 

自律神経の乱れは、卵巣の機能が低下することで、女性ホルモンのエストロゲンが減少して引き起こされます。エストロゲンの減少を食い止める、もしくは自律神経を整えるという改善方法が推奨されています。

 

急にくるホットフラッシュに対応する方法

いつくるかわからないホットフラッシュですから、いつでも対応できるように準備をしておくことも重要です。ホットフラッシュの対応でおすすめの方法をご紹介したいと思います。

 

ウェットティッシュ

持ち運びができるウェットティッシュを準備して、ホットフラッシュが起きたら首筋をウェットティッシュで冷やしてみましょう。症状が少しでも落ち着いてくるのが分かります。

 

風通しを意識する

洋服は通気性がよく、風通しの良いもの選ぶといいでしょう。鞄にはいるような扇子を持ち歩くと、いつでも風を仰げるのでおすすめです。

飛行機で長旅をするときなどに「エコノミー症候群」に気を付けて!と言われることがあります。エコノミー症候群というのは一体どういった症状なのか、そして予防するにはどうしたらいいのか、徹底解説していきたいと思います。

 

エコノミー症候群とは

飛行機などで長い時間ずっと同じ姿勢で座っていると、エコノミー症候群(旅行者血栓症)になると言われています。

 

同じ姿勢で座っていると、下肢が圧迫されているので、うっ血した状態になってしまいます。血栓ができて肺に詰まってしまうことがあります、すると肺塞栓症になります。このような一連の流れで起こる症状を、エコノミー症候群と呼んでいます。

 

エコノミー症候群の予防方法

 

足のマッサージ

飛行機でもデスクワークでも、長時間同じ姿勢で座る可能性がある場合には、足のマッサージをこまめに行うようにしましょう。下肢の血液を循環させる為に、軽く足を動かしたり、手で揉んでみたりしてください。意識しておこなうことで、エコノミー症候群を予防することができます。

 

水分補給

血液がドロドロになると、血行が悪くなり、血栓が出来やすくなります。水分を補給して血液の粘度をサラサラにしてあげることで、エコノミー症候群を予防することができます。水分を補給してトイレが近くなるのが嫌だという人もいますが、エコノミー症候群になるのとどちらが嫌かもう一度考えてみてください!

 

サプリメント

上記マッサージと水分補給に加え、ナットウキナーゼのサプリを飲んでおくことで、より万全な予防をすることが出来ます。

 

ナットウキナーゼは納豆に含まれる酵素の一種で、血栓を溶解する働きのある成分です。フライト前に摂取しておくことで、血栓が出来てしまうのを防ぐことが出来ます。

 

飛行機に乗る直前に納豆を食べるのは難しい場合もあり、ナットウキナーゼを必要量摂ることを考えても、サプリからの方が確実です。長時間フライトが多い人は、万が一に備えて持っておくと良いでしょう。
>>ナットウキナーゼサプリ

納豆がすきな人はとても多いと思いますが、毎日食べていると少し物足りなくなることがあります。そんな時には、納豆にトッピングをして味や雰囲気を変えてみるのはどうでしょうか?

 

納豆は健康にも良い食べ物なので、毎日1パック食べてもいいくらいです。飽きずに楽しめる納豆のトッピングについてご紹介したいと思います。

 

おすすめしたい納豆のトッピング

たまご

納豆にはカラシとタレが付いているので、それだけで食べるという人が多いのですが、定番のたまごを入れてみてはどうでしょうか?納豆とたまごを合わせると、フワフワした食感の良い納豆が出来上がります!まろやかで甘味も出るので、子供さんでも美味しく食べることができます。

 

キムチ

キムチの食感と納豆の食感が意外とマッチするのが不思議な組み合わせです。ピリッとしたキムチと納豆はどちらも発酵食品なので実は相性が良いのです。

 

ごま油

健康にも良いということで、ごま油を摂取する人が増えています。納豆にごま油を少しプラスすると、風味がでてとても美味しいと評判です。あまりたくさんかけてしまうと、ベタベタになるので、ほんの少しだけ香りづけ程度に入れるようにしましょう。

 

ニンニクチップフライ

ニンニクのチップをフライにしたものを、納豆に入れると食感と風味が出てとっても美味しいです。ニンニクはチップのママでもいいですし、細かく刻んでもOKです。ニンニク好きならば、納豆とニンニクのハーモニーを楽しむことができます。

納豆はとっても美味しくて、毎日食べてもいいというくらい人気の食材です。しかし納豆にもアレルギーがあると言われています。実際に納豆アレルギーで、症状が出ている人もいるのです。

 

では、納豆アレルギーというのはどういった原因があるのか、その症状などと一緒にチェックしていきましょう。

 

原因はネバネバ成分

納豆はネバネバしているのが魅力ですが、このネバネバ成分にアレルギーの原因があると言われています。ポリガンマグルタミン酸と呼ばれるネバネバ成分が、納豆アレルギーを起こす原因と言うことが分かっています。

 

納豆アレルギーの症状

  • かゆみやアトピーに似た皮膚症状
  • 胃痛や下痢といった胃腸症状
  • 鼻炎やくしゃみ、咳といった呼吸器症状

 

納豆アレルギーはどうやって検査する?

納豆アレルギーを知る為には、内科を受診してアレルギー検査をしてもらう必要があります。問診から始まりますので、何をどのくらいいつ食べたのか、どんな体調だったのかなど、症状が出たときのことを詳しく話しますので、覚えておくようにしましょう。

 

血液検査

IgE抗体というアレルギーの場合に、高い数値がでる検査を行います。あくまでも血液検査だけでの判断は出来ませんので、他の診断結果と合わせて診断を下します。

 

食物除去試験

アレルギーが納豆から出たということであれば、2週間全く食べないようにする試験をします。食べずにいたのに、症状が出た場合には納豆アレルギーではない可能性が高いという事です。

 

食物負荷試験

納豆を少しだけ食べて、アレルギー症状が出てくるかどうかをチェックする試験です。実際に食べるので、確実な診断をすることができます。アレルギー症状が出るのは怖いですが、しっかりした医療機関と医療体制であれば問題なく試験ができます。