血管を守る食品や栄養成分

血管が血液で詰まる!?血栓症の原因と自覚症状

血栓症は怖い症状だという事をご存じでしょうか?放っておくと、血栓症が大きな病気へと繋がっていく事があります。血栓症を知って、対策を取る事をお勧めします。

血栓症とは

人間の体には血管がありますが、血管の中に血液の塊ができてしまい、血液の流れを止めることを血栓症と言います。血栓が脳にできれば脳梗塞、心臓にできれば心筋梗塞という有名な病気となるのです。

 

血栓症になると出る自覚症状

 

足のむくみや腫れ

深部静脈血栓症という症状になると、足に血栓が溜まった状態になります。この場合、あまり痛みが出にくいのですが、太ももやふくらはぎがむくんでくることがあります。腫れているように感じることもありますし、赤くなることもあります。もちろん痛みを感じる人もいますので、個人差はあります。

 

足のかゆみや変色

足に血栓ができると、心臓に血液が送られなくなるので足がかゆくなったり、変色したりします。軽くなにかにぶつかっただけでも、すぐに傷が出来てしまうこともあります。

 

呼吸が苦しい

深部静脈血栓症になってしまい、そのまま肺塞栓症が出た場合には血栓が小さければ自覚症状がないこともあります。血栓が大きくなっていたら、肺動脈が塞がれるので呼吸が苦しくなってしまい、最終的には呼吸困難に陥る可能性があります。

 

失神や発作

肺塞栓症が引き起こされると、血栓が大きい場合には窒息状態になり、失神することがあります。ショックを受けることで、発作が起こり動悸や息切れ、冷や汗や不安感が襲ってくることもあります。

 

血栓症の原因

長い時間同じ姿勢で座っていると、下肢が圧迫されるので血栓が出来やすくなります。そして血栓症が引き起こされるのです。

 

飛行機に長時間座っている、デスクワークで同じ姿勢で座っているなどの様々な環境で、様々な人達が血栓症になる可能性があります。

 

マッサージをするのがポイント

血栓症はマッサージをして、足の血流を促進させることで、予防することができます。長時間同じ姿勢でいることがあるのならば、定期的に足のマッサージをするようにしましょう。

 

マッサージがあまりできない場所であれば、足を軽く動かすなどして、とにかくじっとしている時間を減らすことが重要です。

血管年齢が実年齢よりも大幅に高い人が増えています。血管年齢が高いと、血管の老化が進んでいるという事になります。一体どういった影響が現れるのか?血管年齢について、解説していきたいと思います。

血管年齢が高い時の体への影響

乾燥肌になる

血管年齢が高いということは、血管が老化しているということです。肌が乾燥してしまうので、シワが増えていきます。血管年齢と肌の見た目年齢が比例してしまうのは、こういったところに原因があるのでしょう。

 

動脈硬化

血管年齢が高くなると、血管が硬くなってしまうので動脈硬化を引き起こしやすくなります。動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪などが血管に溜まっていくことで、さらに症状が出やすくなります。

 

血管の状態が悪化する

血管の状態が悪化してしまうので、血栓が出来やすくなってしまいます。心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性も高くなります。血管がもろくなってしまうので、様々な病気の大元となってしまう可能性があります。

日本人の死因順位をご存じでしょうか?一体日本人はどんな死因がトップを占めているのか?そこから見てとれる現代社会の状況などもあるでしょう。それでは日本人の死因順位を発表したいと思います。

 

日本人の死因順位

  • 1位 悪性新生物(ガン)
  • 2位 心疾患
  • 3位 脳血管疾患
  • 4位 肺炎
  • 5位 不慮の事故
  • 6位 老衰
  • 7位 自殺
  • 8位 腎不全
  • 9位 肝疾患
  • 10位 慢性閉塞性肺疾患

 

どうでしょうか?予想していた死因と合いましたか?

 

死因1位のガンは圧倒的

実は死因1位のガンというのは、全体の30%を占めており、ダントツでトップになっているのが現状です。こういった結果をみると、ガンがどれだけ多くの人に襲い掛かっているのかが分かります。

 

ちなみにガンの中でも、どのガンが死亡数が多いのかご紹介しましょう。

 

  • 1位 肺がん
  • 2位 胃ガン
  • 3位 大腸ガン

(男女合わせた結果です)

普通の大豆ではない、発芽大豆が注目されています。NHKなどで紹介されたこともあり、多くの人が発芽大豆を求めるようになりました。発芽大豆は大豆と何が違うのでしょうか。発芽大豆の魅力について、ご紹介したいと思います。

 

発芽大豆とは

通常の大豆は発芽をしていない状態です、発芽大豆はその名の通り、発芽させた大豆のことを言います。発芽をすると、とても強い生命力が生まれますので、栄養価や味が格段上がるという魅了があるのです。

 

味も美味しくなっていますし、栄養価も高くなっています。さらにタンパク質の吸収率がアップしているので、いいことづくしの大豆なのです。

 

  • うまみ成分のグルタミン酸が水煮大豆の4倍
  • 血圧上昇抑制効果のあるギャバが水煮大豆の11倍
  • 妊娠前や妊娠中にとても良い葉酸が水煮大豆の1.6倍

 

タンパク質の吸収について

 

なぜ発芽大豆は水煮大豆と比較して、タンパク質の吸収が良いのか?それは発芽することで、大豆のタンパク質がペプチドやアミノ酸などに分解されていくので、腸の壁からどんどん吸収されるからです。

いま話題の大豆ダイエットですが、本当に効果があるのか?大豆ダイエットの効果を徹底的に調べてみました!

 

気になる大豆ダイエットの効果

代謝機能の向上

大豆には大豆たんぱく質とビタミンB群、大豆イソフラボンなどが含まれています。これらの成分は、糖質と脂質をエネルギーに変換する作用があるので、代謝機能を向上させることが可能となります。食べ物を効率的に消費する事ができますし、運動をしたら脂肪の燃焼がパワーアップするようになります。

 

肥満への作用

腸内でブドウ糖と脂肪が結合するのを、大豆に含まれているサポニンが邪魔をしてくれます。脂肪が体内で蓄積されるのを、予防することができるので肥満への作用もあると考えていいでしょう。

 

腸内環境からダイエット

大豆には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の解消に効果があります。そして腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減少させることで、腸内環境を良好なものにすることができます。腸が元気であれば、代謝機能もアップしますので、ダイエットにとても良い体環境が整います。