血管年齢が高くなる影響と老化の原因

血管年齢が高くなることで起こる身体への影響と老化が進む原因

血管年齢が実年齢よりも大幅に高い人が増えています。血管年齢が高いと、血管の老化が進んでいるという事になります。一体どういった影響が現れるのか?血管年齢について、解説していきたいと思います。

血管年齢が高い時の体への影響

乾燥肌になる

血管年齢が高いということは、血管が老化しているということです。肌が乾燥してしまうので、シワが増えていきます。血管年齢と肌の見た目年齢が比例してしまうのは、こういったところに原因があるのでしょう。

 

動脈硬化

血管年齢が高くなると、血管が硬くなってしまうので動脈硬化を引き起こしやすくなります。動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪などが血管に溜まっていくことで、さらに症状が出やすくなります。

 

血管の状態が悪化する

血管の状態が悪化してしまうので、血栓が出来やすくなってしまいます。心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性も高くなります。血管がもろくなってしまうので、様々な病気の大元となってしまう可能性があります。

血管年齢が高くなる原因

高血圧、高血糖

高血圧は血液がとても早く流れるので、血管に圧力が加わってしまいます。そして血管が老化しやすくなってしまうのです。高血糖になると血糖が体の中で余ってしまい、老化促進物質を生み出すので、血管年齢が高くなってしまうのです。

 

悪玉コレステロール

LDLコレステロールという、いわゆる悪玉コレステロールが増えると、血管が老化してしまうので血管年齢が高くなります。中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減少するので、悪玉コレステロールが増えてしまいます。

 

運動不足やストレス

運動をしていない人は、高血圧や肥満などにかかりやすいので、注意が必要です。さらにストレスをたくさん感じていると、動脈硬化になる可能性があるので、気を付けてください。

 

タバコ

タバコを吸うと、ニコチンが血管を傷つけてしまうので、血管年齢が高くなってしまいます。

 

このように、生活習慣の中で血管年齢を高める原因がたくさん潜んでいることが分かりました。