大豆ダイエットの効果と正しいやり方

痩せるだけじゃない!大豆ダイエットの効果と正しいやり方

いま話題の大豆ダイエットですが、本当に効果があるのか?大豆ダイエットの効果を徹底的に調べてみました!

 

気になる大豆ダイエットの効果

代謝機能の向上

大豆には大豆たんぱく質とビタミンB群、大豆イソフラボンなどが含まれています。これらの成分は、糖質と脂質をエネルギーに変換する作用があるので、代謝機能を向上させることが可能となります。食べ物を効率的に消費する事ができますし、運動をしたら脂肪の燃焼がパワーアップするようになります。

 

肥満への作用

腸内でブドウ糖と脂肪が結合するのを、大豆に含まれているサポニンが邪魔をしてくれます。脂肪が体内で蓄積されるのを、予防することができるので肥満への作用もあると考えていいでしょう。

 

腸内環境からダイエット

大豆には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の解消に効果があります。そして腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減少させることで、腸内環境を良好なものにすることができます。腸が元気であれば、代謝機能もアップしますので、ダイエットにとても良い体環境が整います。

大豆ダイエットはどうやってやるの?

食べるタイミング

大豆を食べるのは、食事の最初のタイミングが1番いいと推奨されています。最初に食物繊維が豊富な大豆を食べると、食後に血糖値の上昇スピードが穏やかになるという作用があるのです。血糖値の上昇が抑制できるということは、脂肪がたまりにくい体質になりますし、糖尿病の予防にも効果が期待できます。

 

大豆を食べる量

大豆は1日に100g食べるように推奨されています。大豆だけではなく、大豆を使った加工品も大豆1日100gに入ります。食事で摂取できるのであれば、サプリメントで補う必要はありません。過剰に摂取することで、悪影響が出てしまう可能性もありますので、注意してください。

 

大豆には大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。過剰に大豆を摂取すると、エストロゲンの働きに影響がでてしまい、婦人系の病気リスクを高めることもあります。