エコノミー症候群の血栓リスクと予防法

長時間フライトで血栓リスク!?エコノミー症候群の原因と予防法

飛行機で長旅をするときなどに「エコノミー症候群」に気を付けて!と言われることがあります。エコノミー症候群というのは一体どういった症状なのか、そして予防するにはどうしたらいいのか、徹底解説していきたいと思います。

 

エコノミー症候群とは

飛行機などで長い時間ずっと同じ姿勢で座っていると、エコノミー症候群(旅行者血栓症)になると言われています。

 

同じ姿勢で座っていると、下肢が圧迫されているので、うっ血した状態になってしまいます。血栓ができて肺に詰まってしまうことがあります、すると肺塞栓症になります。このような一連の流れで起こる症状を、エコノミー症候群と呼んでいます。

 

エコノミー症候群の予防方法

 

足のマッサージ

飛行機でもデスクワークでも、長時間同じ姿勢で座る可能性がある場合には、足のマッサージをこまめに行うようにしましょう。下肢の血液を循環させる為に、軽く足を動かしたり、手で揉んでみたりしてください。意識しておこなうことで、エコノミー症候群を予防することができます。

 

水分補給

血液がドロドロになると、血行が悪くなり、血栓が出来やすくなります。水分を補給して血液の粘度をサラサラにしてあげることで、エコノミー症候群を予防することができます。水分を補給してトイレが近くなるのが嫌だという人もいますが、エコノミー症候群になるのとどちらが嫌かもう一度考えてみてください!

 

サプリメント

上記マッサージと水分補給に加え、ナットウキナーゼのサプリを飲んでおくことで、より万全な予防をすることが出来ます。

 

ナットウキナーゼは納豆に含まれる酵素の一種で、血栓を溶解する働きのある成分です。フライト前に摂取しておくことで、血栓が出来てしまうのを防ぐことが出来ます。

 

飛行機に乗る直前に納豆を食べるのは難しい場合もあり、ナットウキナーゼを必要量摂ることを考えても、サプリからの方が確実です。長時間フライトが多い人は、万が一に備えて持っておくと良いでしょう。

 

>>ナットウキナーゼサプリ

旅行者だけがなるものではない

飛行機や長旅が原因で引き起こされるものだというイメージがありますが、エコノミー症候群は全く別の環境にいても起こる可能性があります。

 

例えば同じ姿勢で長時間座っている、デスクワークをしている人は、エコノミー症候群を引き起こす状態を完全に再現しています。

 

その他に、長時間イスに座りっぱなしになる映画館でもエコノミー症候群になる人がいます。つまり、飛行機だけではなく同じ姿勢で下肢を圧迫している人は、エコノミー症候群になる可能性があるということなのです。